ALUAYA

エッセイ漫画「アモールとあや」&イラスト集 By Ayanorosa

MENU

Amor and Aya#024 好きのレベル③ Level of Feeling

スポンサーリンク

【アモールとあや Amor and Aya】

 

024 好きのレベル③ -Level of Feeling

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Next (第25話)!

aluaya.com

 

Previous (第23話)!

aluaya.com

 

あとがき Afterword in Jpn

エピソード「好きのレベル①~③」、

①は、アルさんが私にピザを食べながら好きの理由を聞き出そうと押して来るお話、②は、逆に私が「Te quiero」にモヤモヤしたお話でした。

 

そしてラストである③の今回、

ついにアルさんから「Te amo」が聞けた瞬間のお話です!

 

Te quieroだろうがTe amoだろうが、スペイン語知識ゼロだった私からしたらどちらでも良い気もしますが、それでも「Te amoが良いな」と思っていたんですよね。

でも無理に言わせるものでもないので、何も言わずそっとしておきました。

そこからの、不意打ちのTe amo!

発したアルさんも、隣にいた私もびっくりしました。笑

 

しかし、その後に、かみしめるようにアルさんが独り言で「そっかーTe amoなんだー」と自分の発言を受け止めて喜んでいたんです。

 

その様子を眺めて私も嬉しくなりました。

 

言葉ってやっぱり大切!

こんなにほっこりするんですから。

その瞬間の穏やかな時間が平和で好きでした。

 

…結婚して数年経った今、私はネガティブ発言も多いなぁ。

ここで心改めて、もう少し感謝の言葉を増やそうっと!

 

 

次回のエピソードは、お付き合いがスタートしてからアルさんにお願いしたことを描きました。

お楽しみに!