ALUAYA

エッセイ漫画「アモールとあや」&イラスト集 By Ayanorosa

MENU

Amor and Aya#021 方向性の答え方

スポンサーリンク

【アモールとあや Amor and Aya】

 

021 方向性の答え方 -Course of action

f:id:aluaya:20220319032819j:plain

 

f:id:aluaya:20220319032834j:plain

 

f:id:aluaya:20220319032857j:plain

 

f:id:aluaya:20220319032914j:plain

 

f:id:aluaya:20220319032928j:plain

 

f:id:aluaya:20220319032944j:plain

 

f:id:aluaya:20220319032959j:plain

 

f:id:aluaya:20220319033025j:plain

 

f:id:aluaya:20220319033041j:plain

 

Next (第22話)!

aluaya.com

 

Previous (第20話)!

aluaya.com

 

あとがき Afterword in Jpn

前回の20話からの続きですが、アルさんと出会ってから素敵なシックスセンスが発動することが何度かありました。

 

始まりは、アルさんと仕事で出会っただけの状態の時に、すでに「この人のご両親にお世話になる日が来る」と感覚的にわかっていました。

結果、翌年にはメキシコでお会いしてこうして嫁姑として仲良くさせてもらっているので、気のせいではなく本当だったのです。

当時の私の感覚は凄かった!

 

お付き合いが始まってからもその感覚はありました。

交際後すぐに「私たち結婚するだろうな」という予感はあったのです。

 

今でこそ、あのシックスセンスは当たりだったと答え合わせできます。

しかし当時は私自身も不思議だなぁと思っていた程度でしたので、「結婚が見えています!」なんて言えるわけがありません。

アラサー女が彼氏に結婚を迫っているような感じがして言えませんでした。笑

 

アルさんも、長く続けたい気持ちはあったようです。

もしかしたら、彼もまた何か将来を予感していたのかも…?

 

ご縁って本当に不思議ですよね!

 

ちなみに、私の先輩も飲み会で一人の男性を見た瞬間に、「この人だ。見つけた!」と思ったそうです。

30代はそういった体験をする人が多いのかもしれません。面白い!